全国病院理学療法協会 近畿地方会



協会の沿革

社団法人全国病院理学療法協会(略称・全病理)は、あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(昭和22年法217号)が制定されたのに呼応して、全国の病院や診療所などの保険・医療機関で理学療法に従事する者の学術団体「日本医療マッサージ師会」として発足いたしました。
昭和38年には社団法人の認可を受けて、ここに社団法人全国病院理学療法協会としての礎が築かれました。
昭和40年理学療法士、作業療法士法の成立
昭和63年 関連法規―部改定、東洋療法研修試験財団。柔道整復研修試験財団の設立
 平成2年福祉8法改正
など時代とともに歩み、常に資質の向上、社会的地位の確立に努めてきました。


組織および事業

協会は8地方会と47支部より組織され、総務局、財務局、広報局、渉外局、組織局、学術局が積極的に活動しています。
*学術活動としては、全国学会および地方学会を毎年実施するほか、各種の講習会、研修会を開催しています。また、教育、研究、理療 の編集にも力を注いでいます。

※定期刊行物としては学術誌「理療」および機関紙「広報」を発行しています。